敏感肌ファンデーションおすすめランキング。口コミでも人気のファンデーションはコレ!

敏感肌のファンデーションは何がいいんだろうと悩んでいませんか。すぐに肌荒れしてしまうし、普通のファンデーションだと合わないし。肌に合わないファンデーションを使い続けていると、肌トラブルの元です。

 

敏感肌タイプの人におすすめしたいのは、肌にやさしいタイプのファンデーションです。

  • 添加物が含まれていない
  • 天然の成分を使用している
  • パウダータイプのファンデーション

肌に負担をかけない上記のようなファンデーションがオススメです。

 

肌にやさしいファンデーションといっても、皮膚につけることで負担になるのでは?と心配になる方もいらっしゃるかと思います。

 

しかし最近は、皮膚科医と共同で開発したミネラルファンデーションも発売されています。敏感肌の方でも安心して使うことができます。

 

口コミでも人気が高く、当サイトの管理人も実際に使ってみてよかったものをランキングにしてみました。あなたのファンデーション選びの参考になれば幸いです。

 

 

敏感肌ファンデーションおすすめランキング

ディセンシア アヤナス AS BBクリーム

敏感肌専用スキンケアブランドであるディセンシアが開発したのが、アヤナスBBクリームです。
敏感肌用のクリームなので、安心して使うことができます。
伸びがいいので、少量つけるだけでOK.
UVカット効果が高いので、紫外線ダメージ対策をすることができます。

 

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール

スキンケアを考えて作られた美容液ファンデーションです。
UVカット効果が高く、メラニンの生成を抑える美白成分が配合されています。
美白ファンデーションとして使いやすく、仕上がりもいいです。
使用感がとてもいいので、メイクをしていることを忘れてしまいそうになります。

 

エトヴォス マットスムースミネラルファンデーション

敏感肌向けにミネラル成分で作られているミネラルファンデーション。つけたままでも寝てOKというくらい、肌にやさしいです。
UVカット効果が高い上に、カバー力もあるので、ファンデーションとしての評価も高いです。
クレンジングなしでも落とせます。普段使っている自分に合った石鹸で洗い流せるのがうれしいですね。

 

レイチェルワイン ミネラルファンデーション

レイチェルワインは、肌トラブルの心配をしなくてもいいミネラルファンデーションです。
クレンジングは不要。
重ね付けをしても厚塗りにならない自然な仕上がりです。キャッチコピー通り、崩れないのも好評です。
乾燥感もなく、付け心地がとてもいいです。

 

24h Cosme プレミアムパウダーファンデーション

 

ファンデーションをつけながらエイジングケアできるのが、24h Cosme プレミアムパウダーファンデーション。
保湿力が高く、毛穴もしっかりとカバーしてくれます。乾燥から肌を守ってくれます。
いつもの洗顔で落とすことができます。

 

敏感肌なのが原因なの?顔がヒリヒリするのをなんとかしたい

洗顔のとき、優しく洗っているのにもかかわらず痛い、顔がヒリヒリして乾燥しているような感じがする、という女性は少なくありません。

 

肌がとても敏感になっていると、いつも使う化粧品選びにも困ってしまいますよね。

 

肌は加齢とともに、ターンオーバーが乱れやすくなり、肌内部の水分保持能力も低下していきます。冬といった季節に関係なく、保湿対策をしていかなくてはなりません。

 

乾燥に悩む敏感肌の女性の場合、肌に負担をかけないためにどうすればいいのかと考えてしまうことでしょう。

 

症状があまりにもひどいときには、皮膚科を受診したり、しばらく何もつけないでいることをおすすめします。

 

顔がヒリヒリとするといった症状が軽くなったら、まずは、洗顔に気をつけることから始めましょう。

 

洗顔はゴシゴシ洗いはよくありません。しっかりと泡立てた石鹸の泡で優しく肌を包み込むようにして、汚れを吸着させて、洗い流していきましょう。

 

洗顔の際、肌を守るのに必要な皮脂まできれいに洗い流してしまうことが多いです。ある程度の皮脂は肌に必要です。

 

洗顔は、敏感肌用の洗顔フォームを使ったり、洗顔後の敏感肌用スキンケアローションやクリームを使ったリして、乾燥を防ぐようにしましょう。

 

肌内部にある水分が外部へと逃げないように、肌に蓋をすることが大切です。

 

敏感肌ファンデーションを使うだけではなく、日ごろのスキンケアについても気をつけていきたいですね。

 

敏感肌と季節の変わり目。敏感肌のためのスキンケアとは?

季節の変わり目になると、肌の乾燥がひどくなったりしませんか?

 

秋から冬、冬から春。気温の差もあることから、肌がピリピリしてきたり。刺激を感じやすいと、肌荒れがひどくなりはしないかと、心配になってしまいます。

 

今まで使っていた化粧品が合わなくなってきたな、と感じ始めたら、新しい化粧品を探すようにしましょう。肌の状態に合わせて、常に肌に負担にならないものを選んで行きたいものです。

 

肌がピリピリしたり、チクチクしたりするのは、肌バリア機能が低下しているシグナルです。敏感肌の方の場合、保湿ケアを欠かさずに行いましょう。

 

化粧水で保湿ケアをしているけれど、症状が改善しない場合は、思い切って、根本から見直すといいです。例えばお風呂上りなど、自分がどういうスキンケアをしているのか。風呂上りにすぐにスキンケアをせずに、しばらく肌を放置していたら要注意です。風呂上りの肌は水分が失われやすいです。肌内部の水分が失われないように、肌がしっとりしているタイミングを逃さないよう、風呂上り後すぐスキンケアをするようにしましょう。

 

風呂上り後のスキンケアのタイミングを変えるだけでも、肌の保水力が上がります。

 

また、化粧水をつけるときは、手のひらの熱を利用して、肌にじんわりと浸透するようにつけていく工夫をするといいでしょう。

 

化粧水が温まっているだけでも、有効成分が肌に浸透する度合いが違ってきます。